歯ぎしりのクセ

ホームホワイトニングでは、マウスピースを患者の口に合わせて製作し、その中に薬剤を入れたものを毎日3時間くらい装着することで実行します。

ホワイトニングは、1週間から2周間程度で変わったと思えるのが普通ですが、真面目にマウスピースをはめていなかったり、適当に扱っていれば、さらに時間がかかります。

ホワイトニングで実現できる白さの段階は期待を超える場合が多いですが、明石家さんまみたいにありえないほどきれいになることは通常は望まない方が良いです。

なお、ホワイトニングの薬剤自体は体に悪いものではありませんが、かぶれが生じた経験のあるような人の場合は万が一がないとは言い切れませんので、開始前に歯科医師に伝えないといけません。

ハミガキはブラッシング以外に、デンタルフロスや歯間ブラシ一緒に用いることが必須です。

あるデータから、ブラッシングのみだと歯垢が6割強しか除去できないのに対し、デンタルフロスを同時に使うと8割以上まで増えることが分かっています。

歯垢にはストレプトコッカス・ミュータンス菌が存在していることから、間違いなく除去することができていないと、そこから出た酸が歯の表面を溶かして虫歯が出来て痛い思いをするのです。

歯間ブラシの活用にはコツが必要なので、知識がないという人は歯科に行った時に指導してもらいましょう。

深夜は歯磨きによって食べかすをしっかり除去することが大事なのですが、深夜は唾液の分泌が減る時間なので、細菌が増えやすい理由なのです。

ブラッシングを説明してくれる歯科は予防歯科などの言葉をブログの1ページに書いているのが普通です。

笑った時の歯の色にコンプレックスを持つ人がすがる思いで利用するのがホワイトニングです。

ホワイトニングはすべて歯医者さんにおまかせというやり方もあるのですが、自宅で行うホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、マウスピースを患者の口に合わせて製作し、そこに歯を白くするための薬を入れたものを週に5回ほど、3時間くらい装着することで実行します。

ホワイトニングは基本的に、1週間から2周間程度で白くなったと感じるのが一般的なペースですが、真面目にマウスピースをはめていなかったり、適当に扱っていれば、結果がついてこないこともあるのです。

ホワイトニングで実現できる白さの段階は普通の人の予想を越えますが、明石家さんまみたいに異常なほど白くなることは通常は望まない方が良いです。